専門知識が不要な在宅ワーク

在宅ワークの場合、たとえばコンビニでのアルバイトや居酒屋などでの接客アルバイトなどにくらべれば、比較的専門知識や専門スキルが必要な職種が多いといえます。しかし、中にはそうした知識やスキルが必要ない職種もあります。とにかく在宅ワークには、いろいろな種類、いろいろな形態の仕事がありますので、専門的な知識やスキルが必要ない仕事を探すことも十分可能なのです。

まだそういった専門知識やスキルがないという人がおそらく多い学生さんの場合、やはり在宅ワークはねらい目であるといえます。一番簡単なものであれば、会社名やその会社の住所、電話番号などの情報を片っ端から入力していくだけという「データ入力」と呼ばれる仕事もありますし、ちょっとレベルの高い仕事では、あるテーマに関する記事をライティングするといった仕事もありますので、これらの仕事は、特別な知識やスキルが必要ないため、学生さんにとっては非常にやりやすい仕事ということになるはずです。

ただし、データ入力の場合は、スピードと正確さが要求されますし、ライティングの場合でも、かなりの文字数を入力しなければなりませんので、やはり「キーボードタッチのスキル」だけは少なくとも必要になるでしょう。それに、ライティングの場合は、文章力はそれほど必要ないものの、ネットで調べる方法については多少知識が必要になりますので、まったく何も知らない、何もできないということも実際にはありません。

いずれにしても、学生さんにおすすめできるのは、「在宅ワーク」だと思います。

青と白どっち?

確定申告には青色申告と白色申告があります。
確定申告をした事がない人であれば、そんなふうに分かれているんだと知らない人も多いかもしれませんが、
もしあなたがサラリーマンや専業主婦であっても確定申告と無関係とは限りません。

副業をしていて、副業の収入が年間で20万円以上になるのであれば確定申告はしなければいけません。
では青色申告と白色申告とはどうちがうのか?というと、これは青色申告の場合は特別控除を受ける事が出来るので
白色申告と比べると税金面で圧倒的に優遇されています。

ただし青色申告の場合は事業所得扱いになるので、貸借対照表や損益計算書が必要となり、複式筆記の帳簿が必要なので
確定申告をする際に準備が大変になります。
しかし大変であっても税金で戻ってくるお金が大きくなりますから、手間暇かけてでも青色申告をするべきです。

手続きが難しくて自分ではどうやったらいいのか分からないと言う場合は確定申告シーズンになると市や区が
開催している確定申告の説明会が無料で行われていて専門家の話を聞く事が出来ます。
その時に自分のケースはどのように確定申告をすればいいのか直接質問をしてみましょう。

一度確定申告のやり方をマスターすれば、後は形式にのっとって同じようにその次の年も処理をするだけでいいので
確定申告と聞いてハードルが高く感じるのは最初の1回目だけです。

Copyright© 2010 ネットで気軽に稼ぐ方法を紹介します All Rights Reserved.